Search
Duplicate
👨‍💻

ナレッジシェア・ブログ記事一覧

チャネルトークのユーザーさんが、ナレッジシェアでブログを描いてくださいました😊
参考にしてみてください🙌

ChannelTalkのiOS、Androdアプリへの導入方法

ChannelTalkのiOS、Androdアプリへの導入方法 - Qiita
落とし物防止タグのMAMORIOはIoTタグとアプリを連携させる複雑さの問題からユーザーからの問い合わせが多く、2018年頃からサポートの体験の質を向上させるためにIntercomというチャットツールを導入していた。 しかし、米国製で主に欧米や中南米諸国をマーケットとしているIntercomは基本的に英語話者向けで管理コンソールもIntercom社員とのやりとりも英語であり、また(便利そうな)自然言語処理を用いたチャットボット機能も一向に日本語対応する気配がなかったため、韓国製でBotやマーケティング機能のコストが安く、かつ日本語圏を優先してくれるChannelTalkへ移行したところ オペレーターによるサポート負荷を半減させることに成功した 。 以下は弊社オペレーターが書いた記事: https://note.com/tanakosan0508/n/n99af82341ba0 導入ガイド: https://developers.channel.io/docs SDKを使用するには以下2つを行う必要がある。 1. Plugin Keyの取得 2. push通知用証明書のアップロード また注意点としては、Androidでは以下のようにgradleに追加するだけでサクッとパッケージをインストールできるのだが、 dependencies{ //Cannel Talk implementation 'com.zoyi.channel:plugin-android:7.1.3' implementation 'com.zoyi.channel:plugin-android-fcm:7.1.3' } iOSの場合、弊社のようにCarthageで管理を行っていると以下のようにChannelIOが依存している大量のライブラリを追加する必要がある。 ChannelTalkの動作には以下のサイクルがある。 ChannelTalkがアプリの状態を監視できるようにする(やり忘れてもコンパイルは通りその後のコードも動くが、バックグラウンド時のプッシュ通知によるチャットの応答などが一切機能しなくなるので注意)。 iOS func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplication.LaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool { // Override point for customization after application launch.
https%3A%2F%2Fcdn.qiita.com%2Fassets%2Fpublic%2Farticle-ogp-background-1150d8b18a7c15795b701a55ae908f94.png?ixlib=rb-1.2.2&w=1200&mark=https%3A%2F%2Fqiita-user-contents.imgix.net%2F~text%3Fixlib%3Drb-1.2.2%26w%3D840%26h%3D380%26txt%3DChannelTalk%25E3%2581%25AEiOS%25E3%2580%2581Androd%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AA%25E3%2581%25B8%25E3%2581%25AE%25E5%25B0%258E%25E5%2585%25A5%25E6%2596%25B9%25E6%25B3%2595%26txt-color%3D%2523333%26txt-font%3DHiragino%2520Sans%2520W6%26txt-size%3D54%26txt-clip%3Dellipsis%26txt-align%3Dcenter%252Cmiddle%26s%3D9e51787f8bdbdc1d5937c0e3e05238d9&mark-align=center%2Cmiddle&blend=https%3A%2F%2Fqiita-user-contents.imgix.net%2F~text%3Fixlib%3Drb-1.2.2%26w%3D840%26h%3D500%26txt%3D%2540takano1222%26txt-color%3D%2523333%26txt-font%3DHiragino%2520Sans%2520W6%26txt-size%3D45%26txt-align%3Dright%252Cbottom%26s%3D543c996bcfdf93478f44dc7961075b93&blend-align=center%2Cmiddle&blend-mode=normal&s=bfa958594616c22afd6155b832870e04

チャネルトークAPIをNext.js + TypeScript環境で型安全に扱う

チャネルトークAPIをNext.js + TypeScript環境で型安全に扱う - vivit engineering blog
フロントエンドエンジニアの中村@taroodr です。 今回は、弊社の hinataレンタルというキャンプ用品のレンタルサービスで導入しているチャネル トーク でチャットボットを開発した話をします。 チャットボットを作った背景は、弊社の菅谷がnoteに詳細を記載しているので気になった方はこちらも合わせてご覧ください。 熱狂的ファンを作るための顧客コミュニケーションツール を掲げたチャット・ マーケティング ツールです。 ユーザ数による課金体系や、充実したコミュニティがなど 弊社のような ベンチャー企業 には嬉しいポイントがたくさんあります。 チャネル トークでは開発者用の APIが豊富に公開されており、独自のカスタマイズを加えた機能を実装することができます。 また、 API の仕様がOpenAPIで定義されているため型情報を生成することができ、レスポンスに型を付与することが可能なため型安全に利用することが可能です。 https://api-doc.channel.io/ では実装方法を見ていきます。 まずは APIの定義が書かれた json をダウンロードします。 ダウンロードした API 定義をもとにクライアント側のコードを生成します。 https://github.com/OpenAPITools/openapi-generator を使うと各種言語のコードが生成できます。 サポートされている言語も多いです。 ActionScript, Ada, Apex, Bash, C, C# (.net 2.0, 3.5 or later, .NET Standard 1.3 - 2.0, .NET
20200901102638.png

チャネルトークのスニペットを使ったら管理画面の開発から開放された話

Made with 💕 and Oopy