Search
Duplicate
▪️

チャネルの運用設定

自社ブランドの営業時間を設定してみましょう チャットに対してどのぐらいの速度で対応できるのか、営業時間外はチャットをどのように管理するのかを設定できます!
設定場所 チャネルの設定チャット運営営業時間
 目次

応対までの時間

設定した速度によって、顧客がどのぐらい待てばチャットへの返答を受け取れるのかを、案内することができます

営業時間

現在の営業状況を設定し、顧客にチャット対応が可能な時間を知らせることができます
自動化機能を通して、営業時間営業時間外 (不在中) を自動で変更可能です。営業時間外に
届いた新規チャットを受け付けない設定にすることもできます!

 現在の営業状況

営業時間内の場合は、顧客に平均返信速度が表示されます
営業時間外の場合は、次に営業時間が始まるタイミングを案内します

 自動化

自動化を設定すると、設定した時間に合わせて自動で営業状況が変わります!
自動化を設定していても、現在の営業状況を手動でオンオフにすることが可能です
営業時間外に、手動で営業時間をオンにすると、次に自動化が適用される時間までオンの状態が維持されます
例) 下記画像のように 営業時間を9時~18時営業時間外(お昼休み)を12時~13時に設定すると…
月曜日の 午前7時(営業時間外)に手動で営業状況をオンにした場合午前11時59分まで営業時間内の状態になります
火曜日の午後3時(営業時間内)に手動で営業状況をオフにした場合水曜日の午前8時59分まで、営業時間外の状態になります

 営業時間外の運営設定

営業時間外に届いたチャットを、どのように管理するか設定できます!
チャットを受付ける
営業時間内に届いた新規チャットも、全て受信トレイに溜まっていきます!
この際、営業時間外だということを顧客にしっかり伝えれば、顧客も長く待ち続ける必要がなくなりますよね 接客フロー自動化を使用し、メッセージを設定してみて下さい!
新しいチャットを受付けない
営業時間外は新規チャットを受け付けないようにする設定です。営業時間外に流入してきた顧客には チャットをはじめるボタンが表示されません
チャットボタンを非表示
営業時間外は、サイト上にチャットボタンが表示されません

問い合わせが終了してから一定時間経過後、お客様からの返信を受け付けない

1つのチャット内で複数の内容の問い合わせに対応していると、チャットの種類を把握しにくいですよねそのような場合は、終了済みチャットからの返信を受け付けない設定にし、顧客に新しいチャットで問い合わせるよう誘導してみましょう!
チャットが終了すると、設定した期間の間は顧客がメッセージを入力できます。しかし、期間が過ぎると、該当のチャット内でそれ以上メッセージを送信できません
チャットを終了するボタンを押した後、すぐに返信できなくなるように設定することも可能です。しかし、そのタイミングで顧客がチャットにメッセージを入力中だった場合は、入力欄はすぐには閉じません