Search
Duplicate
🏭

接客フロー自動化機能

Step1. 接客フロー自動化機能を理解する🧠

接客時の"ワークフロー"を自動化できます!
💡
問い合わせが多くなると管理も大変になりますよね・・・😢 ・回答や対応を急いでいる緊急のチケットの優先度管理 後追い連絡を完了したら「後追い」タグを削除する など、ワークフローを自動化して、多くの問い合わせの中でも未回答の質問優先順位が一目で分かり対応漏れを防いだり一時対応、迅速な引き継ぎなどができます 👏 具体例を挙げると、対応の引継ぎなどの際に説明などがないと困りますよね・・・😢 1. メッセージ内容に「返品」が含まれていれば 2. 『返品』 『優先度高』タグを追加 3. お客様に一時対応の自動メッセージ送信&マネージャーを担当者に指定して自動引継ぎ など、問い合わせが多いからこそ必要な"社内報告"を自動化できます🧚‍♀️
他の具体例として、
問い合わせが来てから1.5営業日経過すると、タグ『要返信』を追加
問い合わせが来て2営業日経過すると、社内会話で返答をリマインド
サポートメンバーが返信し、お客様から返信がない状態で2営業日経過したら、タグ『後追い』を追加
メッセージ内容に「返品」が含まれていれば担当者を指定し、タグ『返品』『優先度高』を追加
顧客が”新規顧客”の場合、メッセージ送信で顧客登録のご案内を送りつつ、顧客メモに『新規顧客』を追記
問い合わせ終了時により満足度を高めるために、終了メッセージなどの工夫
など、様々な工夫ができます!
普段の業務の中で、繰り返しているな〜と思う接客フローを思い出して、自動化しましょう💛!

Step2. 接客フロー自動化機能の設定を始める⚙

接客フロー自動化機能は、
①メッセージ送信やチャット開始/終了などのトリガーを元に ②メッセージ内容や顧客情報・問い合わせ情報でフィルターし ③担当者を自動で設定する、タグをつける、botでメッセージ送信するなどのアクションをして ④問い合わせのステータス変更をする
という感じで、自由に接客フロー自動化の設定ができます

Step3. 具体例から、接客自動化機能をマスター💪

接客自動化で実際に設定している例をご紹介します!

例:接客チャット終了時にお客様にメッセージを送信する

例:接客チャットを1日以上待たせているお客様へのメッセージ社内会話でのリマインドを送信する

例:該当の問い合わせの担当者を指定する(商品の返品に対する問い合わせをayaにする)

例:「サイズ」「変更」の文字が含まれているメッセージの場合、顧客タグに「サイズ変更」を追加し、問い合わせメモに「サイズ変更の問い合わせ」を追加する

例:会員/非会員からの問い合わせなのかを分析するために、会員/非会員から問い合わせが来たら、問い合わせタグ会員 / 非会員を設定する