Search
Duplicate
▪️

自動配信

顧客がサイトに訪れて、サイトやアプリで特定のアクションをしたらあるセグメントのお客様にメッセージ(ポップアップ、メール、SMS)を自動で配信する機能です! 適切な顧客に適切なメッセージをそして 適切な条件とタイミング自動で送信することができます 会員登録の後に初回購入やカゴ落ち顧客に通知をするなど、自動でメッセージ送信が可能な自動配信を作成してみて下さい
 目次

自動配信とは?

チャネルトークが設置されているサイトで、対象の顧客が特定の行動(イベント)をした場合に、自動でCRMマーケティングのメッセージを送信する機能です!
自動配信の送信プロセス
自動配信の送信プロセスは、下記3つのステップに分かれています
顧客情報はステップごとにチェックされます。各ステップごとに対象の顧客が満たされていなければ、メッセージが配信されません
配信トリガー(Trigger)
自動配信が配信される条件(イベント)です️条件が満たされるとプロセスのステップに進みます (→ [イベント]とは何ですか?)
例) 顧客がサイトに訪れてページを閲覧したり、 カートボタンをクリックするなどの行動を取った場合、配信トリガーが発火したと表現することができます。
配信トリガーが発火すると、対象顧客の情報と一致するかチェックします
プロセス(Process)
配信トリガーが満たされると、メッセージ配信をどのぐらいの期間待機させるのかを設定する設定(待機時間)に進みます
例) 会員登録をしてから 7日間購入をしなかった場合、クーポンのお知らせを送信する。
[すぐに]で設定すると、配信トリガーが満たされた際 にすぐ 配信 ステップに進みます。
 追加トリガー
待機期間中、特定の追加イベントが発生する度に送信する場合や、逆に特定のイベントが発生しなかった場合のみ、次のステップに進むことができます
例) 会員登録をしてから7日間購入をしなかった場合、クーポンのお知らせを送信する。
プロセスのステップでは、対象顧客の情報と一致するかどうかをチェックします
待機期間中に自動配信が停止されると、プロセスのステップで自動配信が送信されない場合があります
配信
上記の条件を満たしたら、いつ、どのようにメッセージを配信するのかを設定することができます
例) 会員登録をしてから2週間購入をしていない場合、毎週月曜日の朝9時にメッセージを配信する
配信の直前に、対象の顧客情報と一致するかどうかをチェックします すべての条件が満たされていても、顧客情報が一致しなければ配信されません
例えば、セッション数が1以下の顧客を対象にしたとします。配信トリガーが満たされたタイミングでは1だったが、配信直前に2になった場合はメッセージが配信されません

配信方法

顧客が特定の行動をする度に、自動で一斉配信が送信されるというプロセスです!
ここでは一斉配信をの設定方法を見ていきましょう
1.
配信タイプを選択する
チャネルトーク、SMSなどのタイプ別の特徴は → [ここから確認して下さい]
2.
メッセージを作成する
自動配信で送信するメッセージを作成する場所です。文章だけではなく、画像や動画などを活用してメッセージを送信してみましょう[設定方法を確認する]
A/B テスト
A/Bテストを通して、同じ条件内でどのようなメッセージが効果的なのかを確認することができます
合計4個まで設定することができ、これらはランダムで配信されます
3.
配信対象顧客を設定する
どのような顧客にメッセージを配信するのかを設定することができます
オンライン、オフラインで配信するタイミングが決まっています。配信されるタイプは下記をご参照下さい!
連絡先があるし、オンライン状態 : チャネルトークのチャット
連絡先はあるが、オフライン状態 : チャネルトークのチャット + SMS + メール
連絡先がない顧客 : チャネルトークのチャットにのみ送信
4.
配信トリガー
自動配信が配信される条件を設定することができます!
例を3つ挙げます
1) 会員登録が終わっている場合
サイトに会員登録をすると、url がwww.サイトアドレス.com/signup/d5b90a45gaになる
この時、signupの後ろに変数が付く場合は、urlに signupを含んだ状態で設定して下さい
設定 : [Pageview] + [url - signupを含む]
2) 広告のリンクにutmの変数が含まれている場合
www.サイトアドレス.com/utm_source=google&utm_&utm_term=&gclid=CjwKCAの場合、特定のutmの値が含まれるように設定して下さい。
設定 [Pageview] + [url - googleを含む]
イベントがちゃんと発生しているかどうかを確認したい場合は、最新のイベントが一致した回数を確認して下さい。24時間以内に、または最近発生したイベントの件数が何万件単位なのか を基に表示されるので、数字は参考程度にご覧下さい
5.
待機時間
待機時間を設定するとメッセージはすぐには送信されません。配信トリガーが満たされた後に待機時間分待った後、送信することができます
6.
追加トリガーのフィルター
追加トリガーのフィルターを活用すると、配信トリガーを満たした顧客が、待機時間の間追加イベントを行なったのか行なっていないのかを確認することができます。
フィルターの条件 次のイベントが発生しなかった場合、配信 + PageView + url 購入完了ページ
例) 追加イベントを使用すると、 '発注書を作成してから1日後に購入がなかった場合にメッセージを配信', 'Aページを閲覧した後に3日以内に購入した場合にメッセージを配信 ' などの設定が可能です。
追加イベントが発生したとしても、待機時間が経過した後にメッセージが配信されます! 例えば、ページAを閲覧してから3日以内に購入をした顧客にメッセージを配信したと仮定します。もし1日目に購入完了イベントが発生したとしても、3日の待機時間が経過した後にのみメッセージが配信されます
7.
運営を設定する
いつ、どのようにメッセージを送信するのかを設定することができます。 ‘運営’の設定が終了すると、メッセージが配信されます。
フィルターの条件 [配信する曜日・時間設定]を [特定の時間 - 月、火、水、木、金 9:00 ~ 18:00]に設定
繰り返し配信
チャネルトークの自動配信は、繰り返し配信をオフにした場合、1回配信した後に再度配信されることはありません
繰り返し配信をオンにすると、顧客が同じ配信をもう1度受信することができます
設定できる繰り返し配信の最小時間は24時間です
開始日と終了日
自動配信が配信される曜日と時間を設定することができます
設定をしていないと、自動配信が停止されるまでずっと配信されます 設定をしていると、自動配信が実行中でもメッセージが配信されません
配信する曜日・時間設定
自動配信が配信される時間を設定することができます
設定外の時間だと、配信が可能な時間まで待機してから配信されます 例) 営業時間に配信されるように設定すると、顧客が営業時間外に配信トリガーを満たしてもメッセージはすぐに配信されません。営業時間まで待機してから配信されます
h.
ゴールを設定する
配信したメッセージの効果測定のために、ゴールを設定してみましょう。該当の配信を受信した顧客が、サイトに訪れて設定したイベントを達成すると、ゴールが達成されたと見なされます

FAQ

配信したいページにメッセージが表示されません
メッセージを繰り返し受信してしまいます
最適な画像のサイズ/比率は何ですか?