Search
Duplicate
👨‍💻

会員情報の連携方法

12 backlinks
多少のコーディングが必要になります!簡単ではありますが、難しい場合には、貴社のエンジニアやチャネルトークのカスタマーサクセス担当に気軽に相談するのをおすすめいたします!😊

連携方法

① ログイン中のユーザー情報をチャネルトークと連携したい場合

👉チャネルのチャットボタンをサイトに設置する際にコピペしたスクリプトをカスタマイズ!!
👇より詳細なドキュメントはこちらにあります https://developers.channel.io/docs/web-installation
下のスクリプトの以下の項目に顧客情報を挿入してください😊
"memberId": "YOUR_MEMBER_ID"
YOUR_MEMBER_IDの部分に、ログインしているユーザーの会員IDを挿入してください
⚠︎ こちらの会員IDが同じ限り同じユーザとして表示するようになります
"name": "YOUR_USER_NAME" YOUR_USER_NAMEの部分に、ログインしているユーザーの名前を挿入してください
"mobileNumber": "YOUR_USER_MOBILE_NUMBER" YOUR_USER_MOBILE_NUMBERの部分に、ログインしているユーザーの電話番号を挿入してください
例:"+819000000000"
多くの顧客情報(利用中の料金プランやカート内情報など)を連携するのがおすすめです🙋‍♀️
"CUSTOM_VALUE_1": "VALUE_1", //any other custom meta data や "CUSTOM_VALUE_2": "VALUE_2"となっている部分を参考に、例えば以下のようにカスタマイズしてください!
⚠︎ 以下の例以外にも任意の情報を連携できます ^^
"orderNumber": "YOUR_ORDER_NUMBER"
YOUR_ORDER_NUMBERの部分に、ユーザーの注文番号を挿入してください
"avatarUrl": "YOUR_AVATAR_URL"
YOUR_AVATAR_URLの部分に、ユーザーのプロフィール画像URLを挿入してください
こんな感じで会員リストにも写真が表示されるようになります!
"servicePlan": "YOUR_SERVICE_PLAN"
YOUR_SERVICE_PLANの部分に、ユーザーの料金プランを挿入してください
"homeAddress": "YOUR_HOME_ADDRESS"
YOUR_HOME_ADDRESSの部分に、ユーザーの住所を挿入してください
"customerGrade": "YOUR_CUSTOMER_GRADE"
YOUR_CUSTOMER_GRADEの部分に、ユーザーのグレードを挿入してください
"jobPosition": "YOUR_JOB_POSITION"
YOUR_JOB_POSITIONの部分に、ユーザーの役職を挿入してください
"Basketcnt": "YOUR_BASKET_CNT"
YOUR_BASKET_CNTの部分に、ユーザーのカート内金額を挿入してください
<スクリプト>
<script> (function() { var w = window; if (w.ChannelIO) { return (window.console.error || window.console.log || function(){})('ChannelIO script included twice.'); } var d = window.document; var ch = function() { ch.c(arguments); }; ch.q = []; ch.c = function(args) { ch.q.push(args); }; w.ChannelIO = ch; function l() { if (w.ChannelIOInitialized) { return; } w.ChannelIOInitialized = true; var s = document.createElement('script'); s.type = 'text/javascript'; s.async = true; s.src = 'https://cdn.channel.io/plugin/ch-plugin-web.js'; s.charset = 'UTF-8'; var x = document.getElementsByTagName('script')[0]; x.parentNode.insertBefore(s, x); } if (document.readyState === 'complete') { l(); } else if (window.attachEvent) { window.attachEvent('onload', l); } else { window.addEventListener('DOMContentLoaded', l, false); window.addEventListener('load', l, false); } })(); ChannelIO('boot', { "pluginKey": "YOUR_PLUGIN_KEY", //please fill with your plugin key "memberId": "YOUR_MEMBER_ID", //fill with user id "profile": { "name": "YOUR_USER_NAME", //fill with user name "mobileNumber": "YOUR_USER_MOBILE_NUMBER", //fill with user phone number "CUSTOM_VALUE_1": "VALUE_1", //any other custom meta data "CUSTOM_VALUE_2": "VALUE_2" } }); </script>
JavaScript
💡
Q:"顧客連絡先"メニューに、顧客情報を表示したい時はどうすれば良いの? 顧客の連絡先であるメールアドレス("email")もしくは電話番号("mobileNumber")を連携する情報に含めてください
💡
Q:ログアウト後も会員として表示させたい場合はどうすれば良いの? A:ログインした後、次回以降の訪問の際、ログイン情報(会員ID)をJWTなどでブラウザのクッキーに保存しておき、その情報で連携をすれば、次回以降の訪問の際ログアウト状態になっていても会員として表示することは可能です!
💡
Q:ログイン前の顧客が、ログイン(DB連携)した場合、ログイン前の情報は引き継がれますか? A:はい!こちら自動で引き継がれるようにアップデートいたしました!

② ログインの有無に関係なしに一旦全ての顧客リストを表示させたい場合

👉open APIで会員情報を登録!! (有料プランにアップグレード必要!)
💡
①番の方法のみで会員情報を連携すると、サイトにログインした顧客情報のみが連携されます。ログインをまだしていない顧客情報もリストで表示させたい場合にはOpen APIを利用してください!(①番を設定した上で、②を設定いただければと思います!)
一件ずつアップデート
Users PUT /open/v3/users/@{memberId}
1.
Open APIの利用のためには、まずOpen APIキーを発行してください!
2.
UserのPUT https://api.channel.io/open/v3/users/@{memberId}(もしくはPOST https://api.channel.io/open/v3/users - 非推奨ですが2020年は提供予定)のURLに対して、以下のJSONをカスタマイズしてリクエストしてください
💡
Q:"顧客連絡先"メニューに、顧客情報を表示したい時はどうすれば良いの? 顧客の連絡先であるメールアドレス("email")もしくは電話番号("mobileNumber")を連携する情報に含めてください
一件ずつアップデート
PUT https://api.channel.io/open/v3/users/@{memberId}
{ "profile": { "name": "test", "mobileNumber": "+821000000000", "email": "someone@example.com", "property1": "value", "property2": 123 }, "profileOnce": {} "tags": ['tag1', 'tag2'] "unsubscribed": false }
JSON
Made with 💕 and Oopy