Googleタグマネージャーでイベントトラッキング
🛋

Googleタグマネージャーでイベントトラッキング

💡

Googleタグマネージャー を使わなくとも、コードに手を加えることで簡単にjsのコード上で発生したイベントをトラッキングすることもできます。難しい場合は、開発者かチャネルトークにお問い合わせください😊 - イベントトラッキングとは? https://developers.channel.io/docs/what-is-an-event - jsコードでイベントトラッキングさせる方法 https://developers.channel.io/docs/web-chplugin#section-track

  1. ホームページにGoogleタグマネージャーを設置してください。
  2. タグマネージャーの管理者画面から、トリガー > 新規 を押下して、トリガーを作成してください。

    例えば、"スクロール距離"をトリガーにしたい場合は、下の画像を参考にしてください

    image

  3. タグ > 新規 を押下し、下の画像のようにタグを作成してください。
    image

  • HTMLの欄にはこちらのコードをコピぺしてください
  • "スクロール70"と書いてある部分は、イベントの名前としてチャネルトークの管理者用アプリで表示されます。任意のイベント名を入力してください(ex. スクロール80, スクロール90)。
<script>
   if (window.ChannelIO) {
     ChannelIO('track', 'スクロール70');
   }
</script>

4. タグマネージャー のメインページより右上の"公開"ボタンを押してください。

image

5. 公開が完了したら、5分後にはチャネルトークから新しいイベントが発生したのを確認できるようになります!

image
image
🚨

現在、7/28以降に新しくトラッキングを始めたイベントが、配信トリガーの候補にうまく表示されないバグがございますが、約一週間後のお盆休み中に改善される予定です。お待ちいただければ幸いです。ご不便おかけします。